Skip to content

マインドマップをちょっと始めたい!おすすめアプリで書き方や使い方を学習しましょう!

マインドマップをちょっと始めたい。

おすすめのアプリで書き方や使い方を学びましょう。

 

マインドマップとは

 

頭の中で考えていることを目に見えるようにして整理する思考ツールです。
思考をまとめることが大事なのではなく、それを活かすことが大事です。

 

マインドマップのルール

 

wikipediaより

・ 無地の紙を使う
・ 用紙は横長で使う
・ 用紙の中心から描く
・ テーマはイメージで描く
・ 1つのブランチには1ワードだけ
・ ワードは単語で書く
・ ブランチは曲線で
・ 強調する
・ 関連づける
・ 独自のスタイルで
・ 創造的に
・ 楽しむ!

 

マインドマップの書き方

 

マインドマップの書き方は単純です。

なにも書かれていない真っ白な用紙の真ん中にキーワードを書きます。
そこから放射状に連想するキーワードを樹形図のように書きます。

百聞は一見にしかず。実際に書いてみましょう!

 

マインドマップの使い方

 

真っ白な用紙を用意して手書きでもよいです。
しかし、パソコンやスマホがあれば、マインドマップのソフトやアプリを使いましょう。

 

おすすめのソフトウェア&アプリ

 

どのマインドマップのソフトを使えばいいかのでしょうか。

 

iMindMap

 

マインドマップを提唱したトニー・ブザンさんが監修しているソフトです。本来マインドマップのルールに沿って使いたいという方や公式のソフトウェアを使いたい方におすすめです。

楽しくマインドマップを書きたいので、カラフルで洗礼されたデザインのソフトを使いたいですね。

 

iMindMap

https://imindmap.com/

 

価格は、一番安いHome & Student版で¥11,800となっています。
https://imindmap.com/software/pricing/

 

iPhone版は600円でした。
iMindMap – ThinkBuzan Limited

 

FreePlane

 

デザイン性はありませんが、いろいろな機能が無料で使えるのが良い点です。

Javaで作っているので、機種依存がないです。windows,mac,linuxで使えます。
FreeMindの改良バージョンで、Freeplaneの方が機能が多く使いやすいです。

じっくり大きな画面でマインドマップを作りたい時に最適です。

 

ダウンロードサイト

 

キーワードを選択して、[編集]-[新規ノード作成]から連想するキーワードをつなげていきます。

Windowsは、キーワードを選択した状態で、insertキー、macは、tabキーを押すと同様の
操作ができます。キー操作を覚えると直感的に使えます。

FreeMind / Mindjet クイックリファレンス(キー操作早見表)
https://www.slideshare.net/freemindasia/free-mindmindjetquickreference

 

MindMeister

 

無料プランと有料プランがあります。iPhone、スマホで簡単にマインドマップを書くことができます。

無料プランは、最大3つまでマインドマップを作ることができます。画像をインポートやPDFにエクスポートなどは有料でした。

登録無しで使うことができるので、お手軽にちょっとマインドマップを試したい場合は、最適なアプリだと思います。

 

MindMeister (マインドマッピング) – MeisterLabs

 

もっとマインドマップの知識を広げたい

 

マインドマップ提唱者のトニー・ブザンさんが著書の本です。Kindle版もあるので、スマホやPCでさくっと読んでみましょう!

 

トニー・ブザン 頭がよくなる本 日本語第4版

新版 ザ・マインドマップ(R)

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)

 

いかががだったでしょうか。

頭を整理すると今まで見えなかったものや今の状態を知ることができます。

また能力や行動の可能性を広げていくことができると思います。

生活や仕事にマインドマップを役立ていきましょう。

 


Be First to Comment

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。