Swift2.0 オプショナルについてはっきりさせよう

わかりやすいオプショナルについての説明

http://qiita.com/maiki055/items/b24378a3707bd35a31a8

① var optionalValue:Int?
② var nonOptionalValue:Int

①の値は、nilでもいいが、②の値はnilではいけない。

optionalValue = nil ◯
nonOptionalValue = nil

var optionalAnswer:String?

この時点で、optionalAnswerには、nilが代入される。

オプショナルは、nilを代入できるので、if条件式でこんなことができる。

var number: Int? = 2
if number != nil{
print("numberには、なにか整数値が含まれる。")
}



forced unwrapping

forced unwrappingは、オプショナルの中にある値を取り出すことができる。
!をオプショナルの名前の後ろに書く。

var number = 2
if number != nil{
print("numberには、なにか整数値が含まれる。それは、\(number!)だ。")
#”numberには、なにか整数値が含まれる。それは、2だ。”
}

オプショナルの中に値のない場合は、!を使うと、ランタイムエラーになる。

コメントを残す