ドバイで行われたドローンレースがF-ZEROみたいでかっこよすぎる

15歳の英国人少年、世界最大のドローン・レースで25万ドルを獲得 WIRED.jp

ドバイで賞金総額100万ドルのドローン・レースが開催された。2017年には、ドバイでドローン・レースのほか、ロボットによる水泳、ランニング、レスリング、カー …

すごいな。ドローンパイロットって将来の人気職種になりそう。



まるで、F-zero、たしかに!

CNET Japan

ドローン産業で世界一を–釜山市の挑戦と韓国ドローン事情

日本においてドローンは購入や操縦が厳しく規制され、近年頻発したドローンによる事件や事故によって、世間にマイナスイメージがついてしまっている感が否め …

ドローン産業は、次の革命になりそうですね。

テラモーターズ、ドローンを活用したサービス事業に参入…テラドローン設立

同社は、ドローンを使ったサービスを展開する「テラドローン」を設立、リカノスから高精度な3次元形状を生成する技術を取得する。まず、ドローンを活用した測量 …

誤差5cmとは、思ったより小さいな。測量の分野では、ドローンはすごく役に立つと思う。

東洋経済オンライン
まるで目玉!風船型ドローンの意外な強み

巨大な球形の新型ドローン「Skye(スカイ)」が、ドイツ・ハノーバーで開催中のIT見本市「CeBIT 2016」にお目見えした。プロペラを4つ持つ「クアッドコプター」として …

こんなの飛んでたらこわいw 確かに怪我や事故が発生しても周りに害をあたえにくいかもしれない。

日経テクノロジーオンライン
リコーが超広角ステレオカメラでドローンの屋内自律飛行を可能に

リコーは、超広角ステレオカメラをドローンに搭載し、GPSの情報に頼らない自動飛行に成功したと発表した。これにより、橋梁などの点検や、倉庫などの屋内環境 …

室内だとGPSの電波受信できないですもんね。

サンケイスポーツ
ドローンを無許可で飛ばした疑い…男性会社員を書類送検

送検容疑は1月3日午後5時すぎ、人や家屋が密集する地域と定められた高知市朝倉本町1丁目の住宅街で、無許可でドローン1機を飛行させた疑い。

ちゃんとルールを理解した上で、飛ばさないといけないですね。

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

LogisticsToday
ユニセフ、マラウイで血液サンプルをドローン輸送

成功した最初の試験飛行は、コミュニティの保健センターからカムズ中央病院の研究所までの障害物のない10キロのルートで行い、住民がドローンが離陸して …

災害時、陸路が立たれた時、ドローンは人命救助に役に立ちそうですね。

コメントを残す