iOS7でバッテリーを節約する10の方法

iPhone5s/cに入っているiOS7、現行のiPhone4/4s/5やiPad,iPod touchでiOS7に変えてからどうもバッテリーの持ちが悪いという時に使えるTipです。

自動ロックする

バッテリーを消耗する一番の原因は画面の光です。自動ロックをすると自動的に画面がオフになり真っ暗になるのでバッテリーを節約することができます。

[設定]-[一般]-[自動ロック]をタップします。1,2,3,4,5分と設定できるので好きな時を選択すればOKです。もちろん時間を短く設定すればバッテリー消耗は少なくなりますが、すぐ画面がオフになるので適当な時間を設定してみましょう。

画面の明るさを落とす

[設定]-[壁紙/明るさ]を開きます。明るさのスライドーを必要最小限に暗くします。画面の明るさを落とすことで画面に使う電力が減るのでバッテリーの節約になります。

コントロールセンターからも画面の明るさを変えることができます。

20130923-172055.jpg

この2つの設定でかなりバッテリーの節約になります。次は少しでもバッテリーの消耗を防ぎたい場合の設定です。

壁紙を静止画にする

iOS7になり壁紙をダイナミックか静止画に選べるようになりました。ダイナミックは、機種の傾きによってイメージが変わって素敵ですが、処理が必要になるので静止画にしていたほうがバッテリー消耗を抑えられます。

1.[設定]-[壁紙/明るさ]を開きます。

2.壁紙を選択の壁紙画像をタップします。

3.ダイナミック or 静止画 or 写真が選べるので、静止画か好きな写真を選びましょう。

視差効果を減らす

コントラストを上げるとぼかしが減り、視差効果を減らすをオンにすることでユーザーインターフェイスの動きが減りバッテリーが節約できます。

[設定]-[一般]-[アクセシビリティ]を開きます。

コントラストを上げるをオンにします。
視差効果を減らすをオンにします。

spotlightをオフ

Spotlightを使えば検索ワードが含まれるアプリ、メモ、メールなどを表示する便利機能ですが、spotlightを使わない場合はオフにしておきましょう。

[設定]-[一般]-[Spotlight検索]を開きます。

項目にあるチェックを全部はずします。

マルチタスク画面から使っていないアプリを停止

アプリの中には常に通信や位置情報をバックグラウンドで使うものもあります。そういうアプリだけ使っていない時は停止すればOKです。

機種の下にある丸いホームボタンを素早く2回押します。アプリの一覧がでてくるので使っていないアプリを指で長押しして上に引き上げると一覧からアプリが消え停止することができます。

Bluetoothをオフにする

[設定]-[Bluetooth]をオフにします。

AirDropだけをオフにする。AirDropは、文書や写真などのデータを近くのiOS7が入ったiPhoneやiPod、iPadを持っている友達と共有するために使う近距離通信機能です。

Bluetoothを使うのでBluetoothをオフにするとAirDropも自動的にオフになります。Bluetoothは使うけどAirDropは使わない場合は、AirDropだけオフにしましょう。ちなみにiPhone 4/4Sでは使えないのでオフにしておきましょう。

白くAirDropと書いてあるところを押すとオフにできます。

データの取得方法をフェッチにする

プッシュ方式は、サーバーから自動的にデータを受信する方法です。サーバーからデータを常に受け取るため動作しているため、フェッチよりプッシュの方がバッテリーを消耗します。フェッチは、設定したスケジュールに従ってデータを取得します。15分、30分、1時間もしくは手動で設定することができます。バッテリーの消耗を抑える場合は、スケジュールの間隔を長めか手動に設定しておきましょう。

1.[設定]-[メール/連絡先/カレンダー]をタップします。

2.[データ取得方法]をタップします。

3.プッシュのオンをタップしてオフにします。

4.フェッチのスケジュール間隔もできたら短くします。

位置情報をオフにする

位置情報サービスは公衆の無線LANの位置情報を利用しておおよその現在位置を検出します。近くのお店とかを調べる場合は便利ですが、ネットワークの機能をバックグラウンドで使っているので、必要ないならオフにしておきましょう。アプリ個別に設定もできるので、位置情報を使わないアプリだけオフにしておきましょう。

[設定]-[プライバシー]-[位置情報サービス]を開きます。

位置情報サービス自体をオフにする場合は、位置情報サービスをオフにします。アプリ個別に設定する場合は、アプリの一覧がでているので、位置情報サービスを使わないアプリはオフにしておきましょう。

Appのバックグラウンド更新をオフにする

Appをバックグラウンドで自動的に最新状態にすることができます。これは、位置情報 or データ通信機能を使うのでバッテリーを節約したい場合はオフにしたほうがよいです。

1.[設定]をタップします。

2.[一般]をタップします。

3.[Appのバックグラウンド更新]をタップします。

4.Appのバックグラウンド更新をオン・オフで変更できます。App個別に設定することもできます。

それでもバッテリーが持たないあなたへ

電源サーチアプリを入れる

電源検索Lite

もしバッテリーが切れそうな時、まちなかには充電してくれるスポットがあります。そんなスポットを地図上に表示してくれるアプリです。

電源検索Lite powered by モバイラーズオアシス – Mobiler’s Oasis

外部バッテリーを使う

外部バッテリーを購入して充電します。2,3回フル充電ができるタイプが主流です。最近では、スタイリッシュなタイプや大容量タイプなどバリエーションが豊かになってきました。

外出先でも安心。人気のスマフォなんかに使うモバイルバッテリーTop5へどうぞ。

ちなみに人気のダンボーの充電器はこちらです。

コメントを残す