GlassWare Locations メソッド一覧


Google Developers Locationsの翻訳です。GlassWareにつかわれるLocationsのメソッドの一覧です。

記述の仕方

[code]

{
"kind": "mirror#location",
"id": string,
"timestamp": datetime,
"latitude": double,
"longitude": double,
"accuracy": double,
"displayName": string,
"address": string
}

[/code]

Property name Value Description Notes
kind string リソースのタイプ。常にmirror#location。
timestamp datetime この場所がキャプチャされた時刻(RFC 3339)
latitude double 緯度 writable
longitude double 経度 writable
accuracy double メートル単位で位置修正の精度。 writable
displayName string 名前が表示される。これは商号または “ホーム”などのユーザ定義の場所であってもよい。 writable
address string 場所の完全なアドレス。 writable
id string 場所のID。

メソッド

get IDによって1つの位置情報を得る
list ユーザの位置情報リストを取得する。

コメントを残す