iPhoneでバッテリーを長持ちさせる8つの方法

cheero Power Plusのダンボー型モバイルバッテリー & ダンボー

cheero Power Plusのダンボー型モバイルバッテリー & ダンボー

iPhoneでバッテリーを長持ちさせる8つの方法をご紹介します。バッテリーの持ちが悪いという時、簡単にできるバッテリー節約術試してみたらどうでしょうか。iOS6.1.3です。

画面の明るさを落とす

画面の明るさを極力低くしましょう。画面の光が一番バッテリーを消耗します。

1.[設定]-[明るさ/壁紙]をタップします。

2.スライドバーを左にずらすと明るさを落とせます。

wi-fiをオフにする

無線LANを使ってない場合は、オフにしておきましょう。

1.[設定]-[Wi-Fi]をタップします。

2.Wi-Fiの「オン」をタップすると「オフ」切り替わります。

Bluetoothをオフにする

bluetoothはデジタル機器用の近距離無線通信規格です。bluetoothも使っていなければオフにしておきましょう。

1.[設定]-[Bluetooth]をタップします。

2.Bluetoothの「オン」をタップすると「オフ」切り替わります。

GPSをオフにする

GPSも使ってなければオフにしておきましょう。

1.[設定]-[プライバシー]をタップします。

2.[位置情報サービス]をタップします。

3.位置情報サービスの「オン」をタップすると「オフ」切り替わります。

プッシュからフェッチにする

プッシュ方式は、サーバーから自動的にデータを受信する方法です。サーバーからデータを常に受け取るため動作しているため、フェッチよりプッシュの方がバッテリーを消耗します。フェッチは、設定したスケジュールに従ってデータを取得します。15分、30分、1時間もしくは手動で設定することができます。バッテリーの消耗を抑える場合は、スケジュールの間隔を長めか手動に設定しておきましょう。

1.[設定]-[メール/連絡先/カレンダー]をタップします。

2.[データ取得方法]をタップします。

3.プッシュのオンをタップしてオフにします。

4.フェッチのスケジュール間隔もできたら短くします。

タスクキルする

画面にアプリがでていなくてもバックグラウンドで動いています。暇があればアプリを停止しておきましょう。

1.本体下にあるホームボタンを2回連続して押します。フリックして停止したいアプリを見つけそれを長押しします。

2.アプリの左上に出てくる停止マークを押すとアプリが停止します。

モバイルデータ通信をオフにする

圏外の時は、モバイルデータ通信をオフにしましょう。モバイルデータ通信がオンの場合、電波がないか探し続けます。

[設定]-[一般]-[モバイルデータ通信]をオフにします。

バッテリー節約アプリをインストールする

バッテリーHD

ネット閲覧、ゲームができる概算の時間を表示してくれます。充電記録やフル充電までの時間がわかります。バッテリー節約の小技集もあります。期間限定で無料です。


バッテリーHD – maoqin ma

バッテリーマニア

バッテリーを節約してくれる上に、システム情報を表示してくれるアプリです。


バッテリーマニア – Shanghai Youfu Internet Technology Co., Ltd.

バッテリー先生

バッテリーの使い方を指導してくれてバッテリーを長生きさせてくれるアプリです。

バッテリー先生 – ADWAYS TECHNOLOGY LIMITED

バッテリーを長持ちさせるTIP

  • すごく暑い場所や寒い場所では使わない
  • フル充電になったら充電をやめて使う
  • 充電は腹八分までにしておく
  • 空の状態をなるべく避ける

それでもバッテリーが持たないあなたへ

電源サーチアプリを入れる

電源検索Lite

もしバッテリーが切れそうな時、まちなかには充電してくれるスポットがあります。そんなスポットを地図上に表示してくれるアプリです。

電源検索Lite powered by モバイラーズオアシス – Mobiler’s Oasis

外部バッテリーを使う

外部バッテリーを購入して充電します。2,3回フル充電ができるタイプが主流です。最近では、スタイリッシュなタイプや大容量タイプなどバリエーションが豊かになってきました。

外出先でも安心。人気のスマフォなんかに使うモバイルバッテリーTop5へどうぞ。

ちなみにTOP絵のダンボーの充電器はこちらです。

コメントを残す