Leap motionでTouchless for Macを使ってみる。

手を離してパソコン操作する「Leap motion」ですがセットアップしただけでは、クリックやスクロールなど基本操作はできません。Leap motionのアプリサイトAirspaceにあるTouchless for Macというアプリを使ってMacを操作してみたいと思います。

Touchless for Macとは

空間上に仮想タッチ画面を作って、Leap motionでMacの基本操作をするアプリです。無料でAirspaceサイトに公開されています。

設定方法

AirspaceサイトにあるTouchless for Macからダウンロードします。暫く待つとインストされます。

サイトではなくアプリの方のAirspaceを開いてTouchless for Macを立ち上げます。

メニューバーにTouchless for MacがでればOKです。

使い方

2つのゾーンを意識して使います。ホバーゾーンとタッチゾーンです。ホバーゾーンはどこを操作するか狙いを定めるゾーンです。手をタッチゾーンに持っていくとクリックできます。ホバーゾーンは白いマークで、タッチゾーンンは緑のマークになります。ホバーゾーンとタッチゾーン交互に手を持って行き操作します。メニューバーにあるTouchless for MacのメニューにGetting startedという項目があるので、そこを開くと練習ができます。

認識される指の数で操作が変わります。モードがBasicモードとAdvancedモードがあり操作が異なります。メニューバーにあるTouchless for MacのメニューにInteractionというBasicモードかAdvancedモードを切り替えるメニューがあります。

モード 指1本 指2本 指3本以上
Basic クリック スクロール,ズームと回転 スクロール
Advanced クリック,スクロール,ドラッグ ズームと回転 Expose,Spaces

3本以上の指を上に上げると開いている画面がわかるExposeになり、3本以上の指を左や右にスワイプするとSpacesが有効になりディスクトップ画面が変わっていきます。

使ってみて

マウスとトラックパッド+αで使う場合は有効かと思います。画面を切り替えるSpacesの操作は、コツをつかめばかっこいいし操作していて楽しいという感じです。ただ実際は、クリック,スクロール,ドラッグなど操作できることが少ないのであまり使えないかもしれません。Leap motion好きでどうしても使いたい場合は、Touchless for Macをインストールしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す