JPEGminiでiPhoto Libraryをダイエットしてみた。

前回、macbook air(Mid 2012)が急に電源が落ちてしまうようになってしまいました〜うわーで、MacBook Airのファンが回らなくなり修理に出しました。

結局、無償で無事リカバリーされて戻ってきました。もともとSSD 128GBなので、結構容量が少ないです。画像データや音楽データを入れてもとに戻すと結構いっぱいです。

DaisyDisk – Software Ambience Corp.で、MacBook Airのファイルの容量を調べると、iPhotoの画像データ、iPhoto Librayが、32.5GBもありました。7000枚の画像データです。Macの全容量の4分の1を占めています。どうにか容量を減らせないか圧縮できないかと調べてみました。

iPhoto Dietは、重複画像を削除して容量をあけてくれますが、特に重複画像もないため、今回は、JPEGminiを購入してiPhotoのダイエットを試してみます。

JPEGminiとは

画像の品質を劣化させずに、画像サイズを減らしてくれるサービスです。ソフトウェアとオンライン版があります。イスラエルのテルアビブに本拠地を置くICVTという会社が開発元です。JPEGminiの技術には、個々の写真に適用することができる最大圧縮量を決定するために、人間の視覚系の知覚的品​​質を模した画像品質検出機能とJPEG規格で最もコンパクトな表現を生成、元の写真にJPEG符号化プロセスを適合させるオリジナルなJPEGエンコーダ機能があります。デジタル写真を5倍以上、80%以上のサイズを削減できるほどの非常に高い再圧縮比を実現することができます。

オンライン版 JPEGmini | Process your photo

オンライン版は、特定のJPEG画像をアップロードして、画像を圧縮することができます。GmailやFaceBookで簡単にサインアップできます。サインアップすることで、無制限に使えることができ、 PicasaやFlickrと連携、アルバムを作成することができます。

JPEGminiの使い方

iPhoto Libraryの容量は、32.37GBもあります。iPhoto Libraryは、念のため、バックアップしておきます。バックアップの方法は、タイムマシーンを利用するか、iPhoto Libraryを別のドライブに移動して作業が終わったら元の場所にもどすかどちらかです。iPhotoは、11です。

iPhoto ’11: iPhoto ライブラリの概要
iPhoto ’11: iPhoto ライブラリのバックアップを作成する
iPhoto ’11: iPhoto ライブラリを新しい場所に移動する

App Storeから購入します。

インストールするとアイコンがでてきます。アイコンをクリックします。

JPEGminiが起動します。

下にある「Choose」を押すと、ファイル選択画面がでてきます。

左側の「写真」を押して、出てきた「iPhoto Library」を選択、「Open」を押します。

オリジナルの画像データを圧縮された画像データに置き換えますとのこと。今回は、バックアップとってあるんで、「Continue」を押します。

※画面左上の[JPEGmini]-[Preference]で設定画面を開くと、オリジナルの画像データを圧縮された画像データに置き換えるか、置き換えないで圧縮された画像データを別の場所に保存するかどうか選択できます。

Optimize Originals オリジナルの画像データを圧縮された画像データに置き換え
Export Folder 指定したフォルダに圧縮された画像データを保存

なにやら始まりました。写真の数を数えています。

写真が次々と表示されていきます。「Space Saved」は、実際に画像が圧縮され空いた容量がリアルタイムに変わっていきます。7000枚もあるので、気長に待ちます。CPUは割りかし使いますが、メモリーは78MB使用とほんの少ししか使っていないです。

既に4時間経過しました。まだ終わってませんが、画像が順次表示されている丸いサークルが右にゲージが、埋まってきているのでもう少しのようです。

6〜7時間かけてやっと終わりました。削減できたサイズは、2.65GBでした。

iPhoto Libraryが、29.72GBになりました。

使ってみて

iPhoto Library自体の容量を大幅に削減できたかというとそんなにといった感じでした。しかし、iPhoto Libraryには、iPod TouchやiPhoneなどの携帯機器に同期をとるためのバックアップデータや顔写真機能で使ったサムネイルが約10GBぐらい自動で生成されています。これらがファイルサイズの巨大化の要因となっているので、単に画像圧縮でのダイエットを考えてみると、結構削減できた感はありました。

JPEGmini – ICVT Ltd.

コメントを残す