iWatchは、次の技術ステップ フレキシブルな湾曲画面搭載なのかな?

Samsung flexible AMOLED screens displayed at Pepcom

Samsung flexible AMOLED screens displayed at Pepcom

上の画像は、サムソンが試作したフレキシブルな湾曲できる画面ですが、どうやらAppleからリリース予定の腕時計デバイス「iWatch」も湾曲デザインになるかもしれません。

Appleが「カーブ状のバッテリー」に関する特許を新たに取得しました。United States Patent Application: 0130136967

スマフォや携帯などデバイス内のスペースを効率的な使用を簡単にするため、曲がるバッテリーの製造について、詳細に書かれています。

モバイルデバイスの技術革新でタッチパネルの次は、フレキシブルな曲がる形状だと勝手に思っていますが、Appleはなにかやってくれると期待しています。

また、iWatchについて、ロシアでの商標登録を行なっていたことをロシアのメディアが報道したようです。

iWatch噂からだんだん真実味を帯びてきました。

こんな感じのデザインで、更に身体の状況をはかれたり、通信していろいろなアプリの通知を受けれたり高機能な時計型デバイスになるのが現実的予想ですが、更に驚きのアイテムだといいな、なんて。楽しみです。

“iWatchは、次の技術ステップ フレキシブルな湾曲画面搭載なのかな?” への 2 件のフィードバック

コメントを残す