米アップル iWatch 15型有機EL搭載 設計は、インテルか

iWatch

5月20日付、台湾紙『経済日報』で、台湾フォックスコンが、アップルのスマートウオッチ「iWatch」の試作を1000台分、受注した模様。iWatchの設計を担当しているのはインテルの北京法人で、1.5型有機ELを搭載する見込みです。また、台湾RITEK傘下のRiTdisplayがiWatchのOLED供給業者としてアップルの認証を通過、タッチ技術は、RITEK と台湾YoungFastのガラス一体型OGS生産合弁、RitFastが供給すると報じています。

【EMS/ODM】 アップル「iWatch」、鴻海が1000台試作か 筐体・パネル・タッチ技術も台湾系

コメントを残す