Sharpが、ノートPC用のIGZO 液晶パネルを生産開始

シャープは、ノートPC向けIGZO液晶パネルを、6月から亀山第2工場で開始するようです。11.6型/14型/15.6型の3サイズです。13.3型は、1月から生産を開始されており、ノートPC向けIGZO液晶パネルのラインアップを拡充されます。

IGZOは、インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)から構成される酸化物(O)のI,G,Z,Oからとられた名称です。

IGZOのすごさ

  • 従来のスマホに比べて画素数を2倍超にできる
  • 従来の消費電力と比べて5分の1以下に減らせる
  • 4インチ程度のより小さいパネルでもつくれる
  • 従来のアモルファスシリコンに比べて電子の移動速度が20~50倍も早い
  • 薄く曲げることも可能

薄膜トランジスタの小型化が図れ、光の透過率が向上しました。これにより、なめらかでくっきりした文字やリアリティ溢れる映像を表示します。たとえば14型では、フルHDの1.67倍となる262ppiの画素密度を実現しました。また、光の透過率の向上により低消費電力化が図れることに加え、静止画表示時に液晶駆動電力を抑えるIGZOの特性との相乗効果で高い省エネ性を発揮、ノートPCのバッテリー駆動の長時間化に貢献します。さらに、ペン入力ができるタッチパネル対応の設計も可能です。

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130514-f.html

綺麗なんだろうな〜でもこちらはこの画面サイズで特にいまのところ用途がない。iPhoneに搭載されないかな〜

コメントを残す