村上春樹の新刊が明日でる「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 」

<

div itemscope itemtype=”http://data-vocabulary.org/Product class=”alm_div” style=”margin:0.5em 0 2.5em 0; text-align:center; font-size:14px; word-wrap:break-word;”>色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年2位 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 ¥ 1,785

テレビのニュースでやっていましたが、明日、4月12日、IQ84から約3年ぶり村上春樹の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 」が文藝春秋から発売されます。発売前の情報は、タイトル、価格と村上春樹さんのメッセージ以外すべて謎です。

紹介されていたカフェは、日本近代文学および現代文学に関する各種資料を公開している日本近代文学館の横に、約2万冊の現代文学の書籍を自由に読めるカフェBUNDAN COFFEE & BEERで、メニューには、「ハードボイルド・ワンダーランド」の朝食セットがあり、「ハードボイルド・ワンダーランド」で描かれている主人公・私の最後の晩餐を再現しています。シックな感じで、落ち着いて本を読める雰囲気です。

BUNDAN COFFEE & BEER

大きな地図で見る