旅行にいった気分になるGoogle street viewを使ったプロジェクト 「Hyperlapse」



Google street view使う時、よくポイントを何度もクリックしてなんか移動したような感じを楽しむ事があります。米国トロントにあるTeehan+Laxが発表した新しいプロジェクト「Hyperlapse」は、二つの地点を選択するとstreet viewの画像から早送りアニメーションを作成し、まるで動画をみるように、自分が見たい地点間を旅行したような気分にさせてくれます。

「Create your own」をクリックします。

A地点とB地点のマーカーがでてくるので、ドラッグして自分の見たい地点にセットします。ターゲットマークは、視点です。見たい方向に置くと、そこに合わせた視点でのアニメーションが作成されます。場所を探したい場所は、虫眼鏡のマークの左の、入力するところに書いて検索する事ができます。入力してもなぜか入力した文字がでません。

好きな地点にAとBのマーク、見たい視点にターゲットマークをセットして「Create」を押します。PCにもよりますが、数十秒待ちます。

アニメーションが作成され、再生がはじまります。キーボードのスペースを押すと止めたいシーンで止まります。早送りアニメーションを作成するプロジェクトなので、あまり長い地点間を作成すると再生スピードが早すぎて全然良さが味わえません。短い地点間を設定した方がよいです。

Githubでソースが公開されています。Apache Licenseなのでで、使用や頒布、修正、派生版の頒布できます。ライセンスされたファイルに元々ある著作権と特許権の記述は書いておき、修正された場合は、追加記述をすれば、誰でも使用できます。

いろいろポイントがありますが、楽しかったのは、家の近所です。近所のコンビニから家までとか。あ〜知っていますって感じでした。天気が悪いときは、最適のサイトです。

コメントを残す