chormeを普通に使うより効率がよくなるTip10



mac版 Google Chrome バージョン 25.0のTip集です。普通に使うのもいいんですが、便利な機能があるので、それを使えばネット見るときや、ブログを書く時、効率がよくなると思います。


1. リンクを右でクリックしてリンク先を新しいタブで開く

リンクを右でクリックすると、メニューが出てくるので、「新しいタブで開く」をクリック。

サイトによっては同じページにリンク先のページが表示されてしまって前のページを見るのにいちいち戻るを押さないといけません。この方法だと、リンク前のページもそのまま残るので、タブを変えるだけで、リンク先のページと見比べたり、リンク前のページからまた別のリンクにアクセスするのに便利です。

2. 知りたい言葉を右でクリックして検索をする

リンクを右でクリックして、「・・・をGoogleで検索」をクリックすれば、別のタブでリンクに書かれた文書をキーワードとしてGoogle検索の結果が出てきます。

もちろんリンクではなく、知りたい単語をドラッグして選択して右クリック「Googleで・・・検索」をクリックしてもそのキーワードでGoogle検索が可能です。

3. Command + Shift + Nでシークレットモード

誰かのPCを借りたりして閲覧履歴やダウンロード履歴を残したくない場合、シークレット モードが使えます。Cookieも、シークレットウィンドウを全部閉じるとすべて削除されます。

[ファイル]-[新規シークレットウィンドウ]でも開けますが、ショートカットキーの方が素早く開けます。

4. 閲覧履歴を消す

[Chrome]-[閲覧履歴を消去]をクリックする

履歴を削除する期間を選べます。1日なら、今から1日前までの履歴を削除します。閲覧履歴、DL履歴はわかると思います。キャッシュは次回のアクセス時にウェブページを読み込む時間を短縮するために、画像やテキスト等一時的に保存されているデータです。パスワードは、ユーザー名とパスワードの記録が削除されます。Macの場合、パスワードの記録がキーチェーンアクセスから削除されます。

フォームのデータは、ウェブから買い物をした時、名前や住所をフォームに書くと思います。Chormeではその情報を保存して何度も同じ内容を入力しなくて済むようにする機能があります。フォームに入力した記録がすべて削除されます。

ホストされているアプリからのデータと Cookie の消去は、オフラインでGmailを使用した場合、お手持ちのパソコンに保存されたメールデータや、Chrome ウェブストアから Chrome に追加したアプリによって保存されたデータが消去されます。

コンテンツ ライセンスの許可の取り消しは、使っている間に購入した動画や音楽など、以前に視聴した保護コンテンツを Flash Player で再生できないようにします。パソコンを誰かにあげたり手放す場合は、その前にコンテンツライセンスの許可を取り消すことをしましょう。次パソコンを使う人が、コンテンツを見る事ができなくなるかもしれません。

5. 他のデバイスと同期をする

複数のデバイスを持っていてそれぞれのデバイスでChromeを使っている場合、難しいことをしなくても、同じアカウントでログインしておくと、Chromeが自動的に同期をしてくれます。

[Chrome]-[環境設定]をクリックする

[同期の詳細設定]をクリックする

[すべてを同期する]クリックすると、[同期するデータタイプを選択]に変わり、それぞれの項目を変更する事ができるようになります。

アプリは、Chrome ウェブストアからインストールしたものです。よりセキュリティを高くしたい場合は、暗号化するデータの種類の「同期データをすべて暗号化する」を選択しておきましょう。

6. tabを押して、特定のサイト内を検索してみましょう

例えば、検索バーに「amazon.co.jp」と入力してtabを押してみましょう。「amazon.co.jpを検索:」に変わるので、その後ろにそのサイト内で探したいキーワードを入力してエンターを押してみましょう。

amazon.co.jpの「ノートPC」で検索した結果がでてきます。

ブログ内でも検索ができます。

7. Command + Shift + Fで全画面表示

Windowsでは、F11を押せば全画面になりますが、macでF11を押すと、音量が小さくなるだけです。macでは、[表示]-[全画面表示にする]を雄か
Command + Shift + Fを押せば、全画面表示になります。

8. Command + Rでページを更新

Windowsは、F5押せば更新になりますが、 macでは、Command + Rでページを更新できます。

9. タブを固定する

タブを右でクリックして「タブを固定」をクリックすると、タブを閉じないようにさせることができます。

間違えてタブを閉じてしまうと、履歴を見れば回復できますが、履歴から探さないといけないので面倒です。ショッピングなどで、フォームに入力をしていて、間違えて閉じてしまうとまた入力をしないといけなくなってしまうので、タブを固定していた方が無難です。

10. 音声入力をしてみる

パソコンにマイクがついているんであれば、[編集]-[音声入力を開始]を押すと簡単に音声入力をすることができます。精度は、なかなかのものです。

いかがだったでしょうか?知っていたらごめんなさい。他にもいろいろ機能があるし、拡張機能によって更に便利になるブラウザーです。Tipを使って、更に快適に。

コメントを残す