Appleが描いているiWatchの未来

Google image search -Apple’s iWatch Patent-

2007年9月5日に、iPod Touchが発表されてからiPhone,iPadに続きタッチパネル搭載のタブレットPCが市場を席巻しています。「タッチパネル」というのがここ最近のトレンドのひとつのキーワードです。タッチパネルの次のトレンドはなんでしょうか?それは「フレキシブルデバイス」と勝手に思っているんですが、着々と現実味をおびてきています。どうやらiWatchがフレキシブルデバイスなのではないかという噂です。

The New York Times によると、アップルは、曲面ガラスを使ったiOS搭載リストウォッチを実験しているらしいです。 「iWatch」の試作品のような特許も公開されています。(Apple’s iWatch Patent)フレキシブルディスプレイによって、動画や付近のマップがみれたりするようです。腕時計を見ながら旅行することになるかもしれません。

形状

今までの腕時計は、サイズを調整する必要がありましたが、曲面ガラスを腕に装着する形で、腕の大きさにぴったりフィットするものらしいです。

電力

さすがにこの形だと角張ったバッテリーはつめないので電源はどうするのか?ディスプレイの下にソーラーパネルを利用するだけでなく、運動エネルギーを活用する意図しているようです。

通信

ポータブルデバイスと無線で通信ができるそうです。5GHz帯の802.11nプロトコルなどの無線データ接続をするのに十分なデータ伝送帯域幅を提供することができ、高品質のビデオストリームを伝送することができるらしいです。

iWatch 腕時計型デバイスは普及するのか?現在の腕時計型デバイスをまとめましたが、今までにはない革新的なデバイスになりそうです。

コメントを残す