レスポンシブWebデザインを採用する理由

http://imperavi.com/kube/

レスポンシブWebデザインは、同じURLで、デスクトップ、タブレット、モバイルブラウザに同じ機能を提供するHTMLとCSSのコードを実装するための手法で最近人気です。大手サイトでも利用されています。レスポンシブWebデザインは、主にデザイナーや開発者のための技術的な手法ですが、ウェブ戦略上過小評価することはできません。最近では、ディスクトップ・ノートPC、タブレット、スマフォ、ガラケー様々なデバイスがあり、ひとつひとつのデバイスにサイトを対応するのは大変です。スマフォに対応するために新たなサイトをクリエイトするには、経済的にも技術的にも大きな負担がかかります。レスポンシブWebデザインは、様々なデバイスに対応することができます。

コードの精錬さ

開発者はサイトの要素を詳細に作成しているため、より簡潔なコードで、ページの速度、使いやすさ、SEOの影響、多くの利点があります。

制作時間の短縮

ディスクトップ・ノートPC、タブレット、スマフォ様々なデバイス用のサイトを所有している場合、単一のレスポンシブWebデザインで、それらすべてのデバイスに対応したサイトが作成できます。複数のプラットフォームに到達する単一のコードベースに開発者の時間を集中することにより、ウェブサイトやウェブアプリケーションの価値が高まります。

新しいデバイスにも対応

将来、新たな画面サイズや新しい機能を持ったデバイスが市場に登場しても、レスポンシブWebデザインが正しく実装されている場合は、サイトから情報を取得することができます。

検索エンジンに対する優位性

Googleは、レスポンシブWebデザインを使っているサイトを推奨しています。クロールする際、重複コンテンツの問題を解決することによって、検索エンジンがインデックス化をする時に、ミスを引き起こす要因を減らせるからです。そのため、ページランクを改良する可能性があります。

ユーザビリティの向上

レスポンシブWebデザインを用いる事によってサイトのユーザビリティが向上されます。ユーザーはいろいろなデバイスでサイトを閲覧します。ディスクトップPCでしか見れないサイトより、スマフォでも対応しているサイトは見やすくて、どこでも閲覧が可能になります。そのため、サイトへのアクセス数の上昇の効果があります。

レスポンシブWebデザインの作成方法

ゼロから始めるレスポンシブWebデザイン入門

5分で分かる製作現場(2):5分で分かるレスポンシブWebデザイン (1/5) – @IT

コメントを残す