スマートカバーを使ってiPadを充電?!

iPad

iPad by Yagan Kiely, on Flickr

iPhoneに Qi対応 ワイヤレス充電機能が追加されるかもでmacがQi対応のワイヤレス機能を搭載する噂を触れましたが、iPadもコードに接続せず、置くだけで充電できるようになるかもしれないです。

スマートカーバーを使った充電

iPadのスマートカバーでワイヤレス充電を行うようです。別途充電ステーションは必要ないらしいです。

スマートカーバーとは

こんなんです。iPadの純正カバーの名前です。薄く、ミニマムなデザインで、スリムで頑丈なSmart Coverは、耐久性のあるアルミニウムの背面は覆わずにiPadのスクリーンを保護します。だから、ほんのちょっとカバーが上に載るだけ。iPadは、iPadらしい見た目とスタイルをキープできます。Smart Coverのアルミニウムのジョイント部分が磁力でiPadにつき、完璧にフィットします。Smart Cover側に内蔵されたマグネットは、iPadから外れないようにサポートします。はずしたら、オン。つけたら、オフ。
Smart Coverをめくると、魔法のようにiPadがスリープ状態から復帰。閉じるとiPadが自動的にスリープに戻ります。 キーボードスタンドとして。Smart Coverは文字入力に便利なスタンドにもなります。背面側に折りたたむだけで、iPadをちょうど良い角度に傾けられます。FaceTimeや映画鑑賞にベストなスタンド。Smart Coverは、折りたたむとFaceTimeや映画鑑賞に最適なスタンドになります。

<

div itemscope itemtype=”http://data-vocabulary.org/Product class=”alm_div” style=”margin:0.5em 0 2.5em 0; text-align:center; font-size:14px; word-wrap:break-word;”>【アップル 純正】Apple iPad Mini Smart Cover スマートカバー ポリウレタン製 【 ブルー Blue 】25159位 【アップル 純正】Apple iPad Mini Smart Cover スマートカバー ポリウレタン製 【 ブルー Blue 】 

※現在売っているスマートカバーには充電機能はついていません、念のため。

特許

Integrated Inductive Charging In Protective Cover“という名前で、米国特許商標庁が公開されています。スマートカバーを使うワイヤレス充電の方法が書かれています。

iPadお持ちの方は、いつの日か、充電ステーションなしにiPadを充電できるようになるかもしれません。現在の販売しているワイヤレス充電は、通常充電ステーションに置いてから充電をする方法です。おそらく、スマートカバーに誘導コイルとバッテリーがついていて、カバーを閉じると充電ができる仕組みになるかもしれません。ただ、カバー自体になにかしらの方法で電力を送る必要があります。どうやらこの特許元々、太陽光発電を使ってカバーからiPadへ本体を充電するアイデアだったようです。太陽光からエネルギーをスマートカバーにチャージしてiPadに送電することだったので、太陽光発電の可能性があります。

ソース:[Apple eyes wireless charging via the iPad’s Smart Cover]