Perl ハッシュ の書き方1

Perl

Perl by reidrac, on Flickr

perl ハッシュ の書き方です。
ハッシュ変数は、配列のインデックスが文字列となったものです。配列は、$array[0],$array[1]….$arrayn
0,1…nがインデックスです。ハッシュだと$hash{‘test’},${‘sector28’}….になります。高速な検索をする場合に便利です。

ハッシュの書き方

ハッシュは%

ハッシュということを宣言します。
[code]

%hash = ();

[/code]

ハッシュへの代入の仕方

配列ではインデックスでしたが、ハッシュは、配列でインデックスにあたるところをキーと呼びます。{ }でキーを囲みます。= 以降は、キーに対応した値を書きます。
[code]

$hash{‘tokyo’} = ‘Tokyo@info.com’;
$hash{‘osaka’} = ‘Osaka@info.com’;
$hash{‘fukuoka’} = ‘Fukuoka@info.com’;

[/code]

丸括弧で囲んで、キーと値をそれぞれ順番に書いていきます。
[code]

%hash = (‘tokyo’, ‘Tokyo@info.com’, ‘osaka’, ‘Osaka@info.com’,’fukuoka’,’Fukuoka@info.com’);

[/code]

丸括弧で囲んで、キー => 値 を順番に書いていきます。
[code]

%hash = (
‘tokyo’ => ‘Tokyo@info.com’,
‘osaka’ => ‘Osaka@info.com’,
‘fukuoka’ => ‘Fukuoka@info.com’
);

[/code]

コメントを残す